シャンパンの恋


シャンパンのグラスに写る 恋人の優しい唇【柴田】
最上階肩を並べてカウンターで【斉藤】  夜景を眺めてる【村田大谷】

途切れがちの会話 朝が来ればまた【柴田】 それぞれの生活【大谷】
頬が赤くなるわ 弱いくせに私【斉藤】 少し無理をしてる【村田】

そうよ今宵は特別な時間【大谷】 あなたは【村田】
もう眠そうな【斉藤】 顔で甘えてくるけど【柴田】

シャンパンのソーダのように  少しずつ音をたてながら【柴田】
この恋よ空気の中に解けなさい【大谷】 当たり前のように【村田斉藤】

少しじらすように おかわり頼んだ【大谷】 いいでしょこれくらい【柴田】
街も少し少し 明かりが落ちだし【村田】 0時が近づくわ【斉藤】

そうよあなたは特別な人【柴田】 これ以上【斉藤】
  好きになるの【大谷】 難しいほど愛してる【村田】

シャンパンのグラスに写る 恋人の優しい唇【柴田】
最上階肩を並べてカウンターで【村田】  夜景を眺めてる【斉藤大谷】

シャンパンのソーダのように 少しずつ音をたてながら【柴田】
この恋よ空気の中に解けなさい【大谷】 当たり前のように【村田斉藤】

シャンパンの【柴田】 Ah【斉藤】 グラスに写る 恋人の優しい唇【柴田】
最上階肩を並べてカウンターで【斉藤】 夜景を眺めてる【柴田】
  Wow yeah wow【柴田】
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー